史の詩集  Fuhito Fukushima

福島史(ふくしまふひと)の詩集です。

2022-03-14から1日間の記事一覧

去りしとき      584

去りしとき 年月経てば 過ぎ去ったことは 消えゆくはずなのに 忘れられぬばかりか ますます強く心もえぐる 気づかずによいことに 気づいてしまった 年月は流れ 人は去り どうすることもできない あのとき気づいていれば どんなに幸せになっただろうに うっか…