史の詩集(続)Fuhito Fukushima

福島史(ふくしまふひと)の詩集の続きです。

黒い鳥との会話     0023


黒い鳥との会話



君は誰だい

青い鳥を追い払ったやつだな

 

青い鳥なんて初めからいやしない

あれは人間が作り出したんだ

俺を悪者扱いするのは

やめたまえ

君と俺とは親しいはずだよ

 

そうかもしれない

僕だって君から逃れられるとは思ってないし

その気もないさ

だから君の気の召すように生きてきたさ

君は自分の機嫌を損ね感じるものに

ひどく冷酷だからな

 

そんな言い方はないぞ

俺を作り出したのは

人間たちだぜ

俺こそ人間たちの望むように合わせられてきたんだ

そして誰よりも人間たちを守ってやってるんだ

それなのに恨まれじゃ合わないね

 

確かに君に罪はない

あるとすれば君を作り出した人間たちだ

君を育てた人間たちだ

しかし彼らにしても

君がこんなに悪者になると思わなかった

いや君は彼の言う通りやってきた

彼らの考え方が変わったのだ

 

そう人間たちはあまりに人間らしい

そして俺を憎い憎いと言いながら

心の中では俺を崇拝している

だから俺は大きくなるばかりなのだ

なぜ人間は1つの観念を

空っぽのまま保ち続けるのだ

 

それはまだ僕にはわからない

ただ1つ彼らは一旦、腰を下ろすと

もう立ち上がりたがらないんだ

そしていつまでもそのままでいようとする

そう立ち上がると次の瞬間

椅子がなくなるかのように

もはや生命がないのさ

人間じゃない

 

ハハハハ、違う、それが人間なのだ

長い人生の浮沈の中で多くのものを学びとっていく

そして1番利口になった

それが彼らなのだ

その利口をもって人間の幸せのために

彼らは俺を作り出したのだ

 

ともかくも僕は行く

君への答えを見つけに行く

そうさ、僕は君にはかなわない

一緒にいる幸福は

彼らには幸福かもしれないけれど

僕には不幸だ

君に引っ張られて

たどり着くところは墓場しかない

僕が墓場に行くのに

君の手を借りる必要はない

 

いいのかい、君は

俺が幸せをもたらさないって

よく言った

俺と手を切ったばかりに

どれだけの人間が悲惨な最期を遂げたか

俺は人間を幸せにしたい

だから言う

俺に従え

君は不幸な男だ

どうしても俺を捕まえられない

奴ばかりのこの世の中で

俺から逃げるなんて

なんて馬鹿な奴だ