史の詩集(続)Fuhito Fukushima

福島史(ふくしまふひと)の詩集の続きです。

大人になるってこと     0057

大人になるってこと

 

大人になりたいという思いに

執着したのは

はるかに遠い昔の日

 

日々過ぎゆくのが こわくて

じっと心を見捨てようとしていた

 

幸せだった

 

大人になれば決まっている

歳をとれば決まっている

 

この時代の美しさが

妙に悲しく

妙に美しく

僕はシーツを掻きむしる

 

思えば あのとき ああすれば

こんなに歳をとってしまったんだ

今さら何ができようか

 

ああ見たくない 聞きたくない

過去をもってしまった僕

何もやらなかった手を見ている僕