史の詩集(続)Fuhito Fukushima

福島史(ふくしまふひと)の詩集の続きです。

悲喜こもごも     557

.悲喜こもごも

 

この愛を君にぶつけて

この僕が壊れてしまえばいい

でも もし君が壊れてしまったなら

そんな恐れにこの僕は

身動きできずに苦しむ

 

さよなら 初恋の人

初めて話したその日が

別れの日となるなんて

 

なんと悲しいこと

今まで夢であったものが

現実になると

消えてしまう

 

今まで消すことのできた

夢が

わずかの現実によって

永遠に 記憶に 釘づけされる

 

同じ世界で

わずかに触れた

悦びは無惨にも

引き裂かれてしまう