史の詩集(続)Fuhito Fukushima

福島史(ふくしまふひと)の詩集の続きです。

遺品I・II 560

遺品I

 

どうして君は旅立ったの

どこに向かって飛んでくの

生まれたときから親しんだ

この美しい森を捨ててまで

 

そんな小さな羽で どこまで行ける

森の外に何がある 

限りない草原か

枯れてしまった荒野か

生きていける 何もない

そんなにさびしいとこなのに

 

君の力じゃ そこまでも

たどりつけやしないだろう

ましてや その草原の

その荒野の向うに行くなんて

 

君の慕ったあいつも

君より夢をとった

あんなに強かった奴でさえ

荒野の中に眠ったというのに

追うのはおよしよ

悲しみは捨てて



遺品II

 

君を恋そめし 幼きころは

誰よりも君が想われて

想わなければいられない

そんな恋情が不思議で

不思議よりも想ってた

 

それが恋だと知ったのは

ずっと後のことだけど

恋というものが

こんなに身近にあったなんて

そのとき君はいなかった

何も知らずに 別れた後だった

 

どうして恋をしたのか

知らなかったから

恋してどうなるのかなど

わかるはずもなかった

 

そんな幼い心にも

どうにかしたいと 思っていたらしく

君のくれたものを 大事にとっていた

 

それが精一杯だった

何もかも忘れてしまった今でさえ

小さな貝からは

広い海のさざなみのあわあわ

しとげな初恋のほのかな香りを漂わす