史の詩集  Fuhito Fukushima

福島史(ふくしまふひと)の詩集です。

.~したいときは     572

.~したいときは

 

眠ってしまいたいときは

眠れないものですね

今日のできごとが

まるで遠い昔のことのように

ぼんやりと流れてきます

 

笑ってしまいたいときは

笑えないものですね

僕のどこかに君が

ずっと棲んでいたなんて

気づくのが遅すぎました

君と目があった つかの間のときめきに

 

君はおもしろそうに 

そして顔をそむけて

何をいまさら なんて

君を愛したことにも 

気づかなかった

僕なのに