史の詩集(続)Fuhito Fukushima

福島史(ふくしまふひと)の詩集の続きです。

今もここで     573

今もここで

 

今日も一人 またいつものところで

いつものように まちぼうけ

晴れてる日は 心もからりと

あきらめきれるのだけど

 

今日のように

空が泣き出しそうな日は

空より早く 私のほほに涙

 

いつまで待ったらいいの

そんなバカなことは

考えてしまったら

どうにもならなくなるわ

 

ただ ここでいつも

走ってきた遠い日の

あなたを待つの