史の詩集  Fuhito Fukushima

福島史(ふくしまふひと)の詩集です。

命綱     575

命綱

 

あきらめてしまえば すべて終わりだよ

君は 気づいていないだけさ

君がなんとかつかまってきた

その綱は命綱だってことに

 

なんとなく 手を離してしまえば

君はまっさかさまに落ちてしまうさ

気持ちのよい陶酔感に浸りながら

気づいたときは どん底

 

だから もう少し 我慢しな

もしかしたら その網は

雲の上まで 続いているかも

そこに幸福があると信じ

だから今までしがみついてきたんだろう

 

もう一度 足元を見つめてみよう

気づかぬうちに こんなに上ったじゃないか