史の詩集(続)Fuhito Fukushima

福島史(ふくしまふひと)の詩集の続きです。

かごのなかの鳥     577

かごのなかの鳥

 

とても美しく整った羽でした

たくましく伸びた羽でした

いつも考えるのです

この羽でどこまで飛べるかって

いつも思うのです

 

あの雲の上までいけるだろうって

空想の世界が あの青空よりも広いのは

不思議なことです

 

そこにいる限り いつも飛べたのです

どこまでも 飛べたのです

 

だから この青空をよぎることなど

大したことでは なかったのです

 

いつも そこまでです

いつも それでおわりです

もう飛んでしまったことになるのです

 

いくら考えても同じです

何度考えても同じです

僕には羽があるんです

 

でも 僕はかごの中にいるのです

だから 僕はそこまでなのです