史の詩集(続)Fuhito Fukushima

福島史(ふくしまふひと)の詩集の続きです。

VOL.5 586〜595

86.遅すぎた秋

 

愛かもしれぬと 気づいたときは

おかしくって おかしくって

古い思い出に しばられて

本当の僕の心は 飛んでしまった

 

夜空の下の 田んぼ道

笑いながら 送ってあげた

君だから 送ってあげた

僕は照れてしまっていただろうか

 

想い出は そうなりそうに思う幸せなときよりも

ふと見過ごしてしまいそうなとき

そのときは 何でもないことが多いもの

 

といった君のことばがようやく

わかったのは 遅すぎた秋



87.砂時計

 

時が刻まれていく 

私には見える

砂時計の一粒の砂が

糸を引いて落ちていく

 

その一粒一粒は お互いに

何の関係もない砂

その中に時間が生きている

 

砂が全部落ちてしまったよ

もうその砂時計は 終わりです

 

砂時計は ひっくり返すことを

あてにして 使ってはいけないのです

 

砂はもう さっきの砂でないのです

それは 違う人生なのです

そんなに早く 今の自分を捨てていいのですか

 

砂を見つめなさい

じっと ずっと そっと

そうすれば その連なりの中から

一粒一粒の砂が見えてきます

 

その砂の数だけ 確実に数えなさい

とばしたり 見誤ったりしないで

少し見失っても またすぐに見つめなおしなさい

その砂は ただ 落ちるだけですから

何の心配もありません

 

確実にゆっくりと残り少なくなるのが

わかっているのですから

それが人生です

ひっくり返せない 砂時計です



88.夢想

 

こんな夜に眠ろうとするのは 

無理なことです

眠ってしまえばすべて 

忘れられるだろうなんて

思わないことです

 

別れということばが 

美しいものとは思わないけど

思ったほど苦いものでもなかった

 

ただ 何がほろ苦いものが

どうにも消えなくて

ときおり心が重くなる

 

悲しみ一つ 捨てておいたら

いつか もう一度 通るときに

どこかで一度 見たような

懐かしい気持ちになるだろう

 

遠い空の下に

思いをはせてみても

むなしい むなしい

一人っきり

誰も 振り返ってくれない

ただ あなたがいる

 

灰色の世界の中に

いくらもがいても わかってもらえない

誰も知らぬふり

それでも あなたを信じてる

 

愛という名のおべっかつかいは

君をダメにしてしまう

なんとなく分かっている

それでなぜ愛といえるのか

 

遠い夢の夜空に

輝いている星さえ

たどりついてみれば

ただの燃えるガス

 

それでも うらやましい

それでも いいじゃないか

僕は そこまでいけないし

ましてや そんなに燃えられないから

なぜ なぜ なぜ



89.海と少年

 

少年は海で育った だから 海を知っていた

それを渡るのが 少年の夢だった

 

心の中で海は静かに広がっていた

少年にとって 少年の毎日

すべてそのための準備だった

 

どちらかといえば もの足りないものだった

自分の夢がいともたやすく

達成されやしないかと恐れた

少年は自分の力を過信しすぎていた

 

いや 恐れが否応なしに

少年をそうしてしまった

そう考えた方が 少年はまだ安心できた

 

少年は海の恐ろしさを知っていた

そして いつの間にか 波紋にただよう

自分を見ていた 息たえて

 

しかし 少年は その夢をすてきれなかった

その夢がために 生きてきた

自分の存在は そうしなければありえなかった

 

少年は知っていた 海にゆく人の多くが

いともたやすく 海のもずくとなったことを

少年は知っていた 彼らが地についたものを

持たなかったからだと

 

少年は海を描いていた

あの空の向うに 自分の世界があると

少年はその世界は自分が作ったものだと

かたく信じていた 

 

だから その世界が

自分をつくったことに気づかなかった



90.砂と少年

 

少年は砂を握った

強く握るほど 砂はこぼれた

少年は そこに砂があることが不満だった

それまで出会ったすべてのものを

少年は自分の心で説明できた

 

それまで何にでも自分を見いだしてきた

少年が手を触れて

そこに自分がいないものはなかった

少年はこの世のすべての心は

一つのものから派生していると思っていた

 

だから少年はまだわからなかった

何度つかんでも こぼれ落ちる

それは砂も例外ではなかった

 

少年はいつものように考えるのだった

そいつは自分を相手にしてないんだ なぜだ

そして同じだと信じて疑わなかった

砂がこぼれて 同じことを繰り返すのだった

 

僕の手のひらが嫌いなのですか

日が暮れると 空っぽの手をみつめ

またいじけた感傷を残して背を向けるのだった

少年はそういう感傷を昔から愛していた

 

砂はただ 黙ってこぼれてしまう

放っておくと 一粒も残らなくなる

それがいやなので またつかむ

その繰り返ししか なかった

 

少年は自分の心で説明できぬものには

素直に従った



91.海と砂と少年

 

少年は幼いときから 海をわたるために生きてきた

だから 砂は砂以上の意味はもたなかった

しかし 少年はどうしても それを知りたかった

海に出るまでには いくたの砂を

踏まなければならないからだ

 

いつの間にか少年には 砂が砂丘のように広がっていた

砂の方が 海よりも恐ろしく思われることもあった

 

いつも通り 感傷にひたったあとだった

少年の前に一筋の光が通った 

そのとき 砂を通して海がみえた

 

そして 砂の向こうに海がみえた

少年ははじめて海が 

それほど広く深いものだと知った

海を渡るには 一人で底をしっかりと

踏みしめていかなければならない

それが少年の理想であった

少年の人生は そのための努力だった

 

「地に足をつけないから 誰も渡れなかったんだ」

静かな海しか 知らない少年は

海底の砂に触れてこそ 海がわかると信じていた

 

けれど真実は逆だった

海底には闇しかなかった

 

少年の期待したことは 間違ってはいなかった

しかし 海を知らないものには

それは闇以外の何でもないので

 

海をわたるためには

北極星についていかなければならないのだ

天空に上った星を追いかけねば

 

少年は知らなかった

海底の砂には 白い骨

 

少年はもう どうすることもできなかった

自分の力のなんという卑小さ

海のもずくになることに 美があるものか

 

少年にとって砂はもう何でもなかった

そのとき 少年の心に海が通った

 

道なきところを行くものは

足を止めることなかれ

やすらぎの水

死すとも来たらず

永遠に



92.さすらいぼう

 

一人ぼっちのさすらいぼうが

しなびた葉っぱくわえて立っている

 

行くあてはないー

だけど 帰るところもない

 

一日さまよい歩いて

同じ木の下で 夕日をみている

 

あれが沈みゃ 今日は去る

あれが上りゃ 明日がくる

 

今日は何をしたのかと 夜ごと

思い出した日は

明日は何をしようかと 夜ごと

考え出した日は

 

あれを沈めりゃ 今日が去る

あれを上らしゃ 明日が来る

 

にがい葉っぱをくわえて立っている

高い木の上で 夕日をみている



93.月とコーヒーカップ

 

月がくっきりと

夜のブラックから切り出されて

白く黄っぽいもやに

ほんわりと浮かんでいる

 

夜が更けゆくにつれて

月は 赤く沈んでしまった

太陽の栄華をうつしつつ

 

はかない夢に希望を

自分もいつかきっとそうなれると

 

やせていても豊満であっても

月は月でしかなかった

自分のものは何もなかった

 

月はこまごまと壊れ

四角く切り出され 

白い粉になって

コーヒーカップの中に沈んでいった





94.偉大なもの

 

太陽は昨日みたときよりも

ずっと小さく遠く うすく赤味がかっていた

冬眠を終えた そんな寝ぼけかかったものでなく

強くはげしいものだった

本物であった

そこに偉大さがあった

 

太陽は消えていった

その姿は どこにもみえなかった

真に偉大なものは

姿を 威厳を押し付ける必要はない

ただ 出番と終わりに

その華麗さを一袖見せれば



95太陽になりたかった月 (93,94別バージョン)

 

月がくっきりと 

夜のブラックから切り出されて

黄っぽいモヤに ほんわりと

それがこの全世界を支配する

 

夜が更けゆくにつれて

赤く沈んでしまった

太陽の栄華を抱き

 

そのはかない夢に希望を

自分もいつかきっとそうなれると

やせていても豊満であってもと

 

月は月でしかなかった

自分のものは何も届かなかった

 

月はこまごまと壊れ

白い粉になって

コーヒーカップの中に沈んでいた

 

自分の体がとけていくのは 朝だからか

太陽は昨日みたときよりも

ずっと小さく遠く うすく赤味がかっていた

冬眠を終えたように 寝ぼけかかったのに

 

より強くはげしいものだった

本物であった

ただ登る そこに偉大さがあった

 

いつ知れず 太陽は消えていった

その姿はどこにもみえなかった

 

真に偉大なものは

姿を 威厳を押し付けない

ただ 出番と終わりに

その華麗さを一振り見せればすむ